ひげの永久脱毛が完了するまでの期間

もしもひげの永久脱毛をするなら、一度の施術では終わりません。成長期のひげでなければ、永久脱毛による処理はできませんので、サイクルが切り替わるまで待ってから、何度かの脱毛処理が必要です。毛根が休眠期に入っていたり、退行期にあると、脱毛の効果が得られません。全ての毛根から新しい毛ができないようにするには、成長期に入る都度、その毛根に処理をしていきます。

また永久脱毛の方法によっても期間が変わってくることがあります。ひげの永久脱毛は、どんな方法を用いるかで一度に施術できる数が違いますので、効果の現れ方が異なってくるわけです。5回は同じ部位の永久脱毛を受けることで、全ての毛根が新しいひげをつくれない状態にして、脱毛効果を確定させることができるでしょう。

成長期に入った毛根が一定量をこえた頃を見計らって次の永久脱毛をすることで、最終的には全ての毛根を永久脱毛状態にすることができます。レーザーを使った永久脱毛は、5回~15回の施術になります。完了まで1年程度かかってしまうことも多いと言われています。永久脱毛の手法の中には、光を照射して脱毛効果を得るものもあります。

レーザーを使った永久脱毛より効果は低くなりますので、その分時間をかけて、何回も通わなければいけなくなります。ひげの生え方や濃さは人それぞれ差があるので、一概にどれくらいの期間が必要になるかとは言えませんが、早い人だと1年かからずに完了する場合もあります。ただひげを永久脱毛するだけでなく、皮膚をなめらかにして、毛穴も閉じた状態にしたいという人は、2年くらいはかかると思ったほうがいいでしょう。

男性のひげの永久脱毛が人気

かつて、永久脱毛は女性が受けるものという認識でしたが、最近では、ひげの永久脱毛をする男性も多くなっています。つるんとしたきめ細かなお肌になりたいなら、ムダ毛の処理は永久脱毛施術がおすすめです。ひげの永久脱毛は、男性が受けることが多い永久脱毛の中でも、特にたくさんの人が利用しています。

脱毛に用いるレーザーを皮膚にあてることで、しっかりとした毛が生えている男性のひげに対しても、永久脱毛の効果が得られます。もともと肌が刺激に対して弱い人の場合、毎日のひげ剃りは肌を乾燥させたり、皮膚を傷つけて化膿させてしまったりということも起きます。きちんとひげ剃りをしていても、ひげが濃い体質の人は、すぐにひげが生えてきたり、剃り残しが残りやすかったりと気苦労が絶えません。

ひげ剃りに手間取っている人は、永久脱毛でひげを取り除いてしまえば、ひげに関する煩雑さを一切感じずに済むようになります。永久脱毛をしてもらい、ひげのない状態になることで、あごがざらざらして気持ち悪いという人もなくなります。毎朝の慌ただしい時間に、ひげ剃りのために時間をかけなくてもよくなるのは、大きなメリットです。全てのひげを脱毛するのではなく、一部を残してそれ以外のひげを永久脱毛することで、ひげの形を整える手間を省くことも可能になります。

ひげが密集していて、カミソリやシェーバーを使っての処理も一苦労だという人は、永久脱毛によってひげの密度を減らすように取り除き、毎日のひげ剃りを簡単にするのもいいでしょう。脱毛をしたことがないという人でも、エステの脱毛施術なら、脱毛機を用いて施術をしますので、気兼ねすることなく施術をうけられます。